仲良くしたくても中々上手く付き合えない

今では、目が覚めた瞬間にその日の状態がおおよそ判断できる。
今日頭痛になるな……。
こういう日の方がどちらかというと助かる。朝の段階で頭痛薬を飲んでおき、予防すればよいのだから。困るのは、予兆も何もなく急に訪れる場合だ。仕事中、急に来た場合は薬を持ち歩いているのでそれを飲むのだが、空きっ腹に薬を飲むとやはり胃に悪い感じがして、効き目もあまり良くない気がしてしまう。効き目に関しては気持ちの持ちようだとは思う。胃が痛くなるかも……、なんて不安要素があればやはり効き目だって悪くなるはずだ。
最近ではロキソニンがドラッグストアで買えることもあって、大分精神的な余裕が生まれてきている。怖いくらいに効くので、安心感がある為だ。使いすぎは良くないのだろうが、頭痛が起こってしまっては行動や思考が大幅に鈍ってしまうので使わざるを得ない。ロキソニンは私と頭痛の間を取り持ってくれる、良き仲介人なのである。
最近では薬を飲む頻度をできるだけ抑えるようにはしているが、やはり自分の力だけでは上手く付き合うことは難しい。この程度ならその内鎮まってくれるだろう、という期待を簡単に裏切ってくれるのが頭痛だ。無理にこっちから歩み寄るより、薬という仲介人の力を借りることで、これからも上手く付き合っていこうと思う。歯磨き粉